ブログタイトル

外壁を長持ちさせるための押さえておきたいメンテナンス、点検のこと

皆さんこんにちは
愛知県半田市を中心に屋根・外壁のリフォームのご提案をさせて頂いております。
プロタイムズ半田店 (株) 榊原 サポートスタッフの大西です 😀

 

先日は「外壁を長持ちさせたい方へ長持ちする外壁材&必要なメンテナンス」についてお話ししましたが、「本日は外壁を長持ちさせるための押さえておきたいメンテナンス、点検のこと」についてお話したいと思います♪

 

外壁の種類にかかわらず、外壁を長持ちさせるには、メンテナンスと、点検をする必要があります。

1・外壁の劣化進行を抑える効果もある「掃除」

外壁を長持ちさせるのには、定期的な掃除が有効なのです。
「掃除…?」と意外に思われた方も多いかもしれませんが、掃除をするのと、しないのでは外壁の持ちが大きく変わってくるのです。

そもそも、多くの外壁には「塗装」が施してあり、塗装が防汚性、遮熱性、防水性、防カビ性(性能は外壁によって異なる)などの性能を発揮することで、劣化の進行を抑えております。しかしながら、外壁が汚れる=塗装が汚れてしまうと、十分にその性能を発揮できなくなるため、劣化が加速度的に進行してしまうのです。

そこで、有効となるのが「掃除」です。定期的に掃除をして塗装の汚れを落とせば、塗装がその性能を発揮できる期間が長くなるため、それだけ劣化の進行が抑えられ、外壁は長持ちします。

また、定期的な外壁の掃除には、
・汚れがひどくこびりつく前に簡単に落とせる
・見た目にもキレイな外壁を長く保つことができる
といったメリットもあります。

☆お住まいの外壁汚れは自身で掃除することも可能です。外壁を傷つけないように、洗車用など、柔らかいモップやブラシを使って掃除をするのがオススメです。近年、家庭用の高圧洗浄機等も手に取りやすい価格で販売されておりますので、そういった機械を使ってもよいでしょう。

※ただし、高い所に登っての作業が必要な場合は、危険なのでプロへ依頼しましょう。

2・「定期点検」を受けましょう

外壁を長持ちさせるためには、外壁の状態を定期的にプロに診てもらう「定期点検」を受けることも重要です。「わざわざ来てもらうのは面倒…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、受けられる定期点検があれば、必ず受けるといいですよ。

なぜなら、外壁に何等かの劣化や不具合があったとしても、自分では気づくのが難しいからです。重大な不具合に気づかず、放置してしまうと、場合によっては、本来は持ったはずの期間すら持たず、早々に外壁を取り換えなければならなくなってしまうこともあるのです。
“本来は持ったはずの期間すら持たなかった…”といった事態にならないように、定期点検は積極的に受けるのが賢明だといえます。

新築の場合、ハウスメーカーなどが定期点検を実施してくれるケースが多いと思います。もしくは、塗装工事等をしたことがあれば、多くの塗装業者が定期点検を実施してくれるはずです。

どちらにも該当しない場合は、新たに塗装業者等に「外壁の診断」を依頼するという手もあります。新たに塗装業者等に診断を依頼した場合も、定期点検と同じように、プロが外壁の状態を診てくれますし、診断だけなら無料で対応してくれる業者も少なくありません。

 

3.外壁を長持ちさせるため「シーリング補修」は必須

外壁を長持ちさせるためには、外壁材と外壁材の間、サッシと窓ガラスの間などにあるシーリングの補修は必須です。
※シーリングを使用していない場合は、シーリングの補修は不要です。

シーリングは外壁材よりも早く劣化が進行します。シーリングが劣化すると、劣化箇所から雨水が侵入し、外壁材の木部が腐食してしまうことがあります。また、劣化したシーリング箇所から浸入した雨水は、住まい内部に浸入してしまう可能性もあります。
こうした事態を引き起こさないため、シーリングにひび割れ、硬化、隙間などの劣化症状がみられる場合には、早々に補修を検討することが重要になります。

4.定期的な「塗り替え」をする

外壁を長持ちさせるために、定期的な「塗り替え」は絶対に必要となります。

外壁は時間の経過とともに、さまざまな劣化症状がみられるようになってきます。この劣化症状を放置すると、外壁材が早々にダメになってしまうだけでなく、場合によっては、住まいの躯体まで劣化してしまうこともあるので注意が必要です。

そのため、外壁に劣化症状がみられるようになったら、早々に塗り替えを検討しましょう。外壁材を補修し、塗り替えをすることで、外壁材を長持ちさせることができます。

 

外壁を長持ちさせるために点検・メンテナンスが必要であることをお伝えしてまいりましたが、外壁の点検・メンテナンスは、外壁だけでなく、住まいを長持ちさせることにもつながってきます。

もしも、外壁の点検・メンテナンスをしなければ、外壁の劣化は進み続け、いずれは住まい内部に雨水が浸入するようになります。そして、住まい内部に入り込んだ雨水によって躯体が腐食するようなことになれば、住まいはあっという間に寿命を迎えてしまうことのなります。

住まいの躯体を守るためには、外壁の点検・メンテナンスをすることも重要なのです。

 

本日は「外壁を長持ちさせるための押さえておきたいメンテナンス、点検のこと」についてお話しさせて頂きました。

次回は 具体的にどのような劣化症状が起きてくるのか写真を添えてお伝えしたいと思っています。お楽しみに♪

半田市近郊で外壁塗装をお考えの方
お問い合わせはこちらから
↓↓↓

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織