ブログタイトル

外壁の劣化症状

皆さんこんにちは
愛知県半田市を中心に屋根・外壁のリフォームのご提案をさせて頂いております。
プロタイムズ半田店 (株) 榊原 サポートスタッフの大西です 😀

今日は風が強いですね。そんな中、今日は小学生の娘は東山動物園に遠足です♪今頃寒がっていないかと心配ですが、きっとお友達と楽しくゴリラでも見ている事でしょう笑

今日は少し早起きしてキャラ弁を作りました。

こちらが見本にしたお弁当です

娘が大好きなすみっコぐらしというキャラクターの「しろクマさん」です。とっても可愛いですね~♡♡

そして、こちらが私が作ったお弁当

なにか・・・・なにか・・・違う気がする・・・・。

娘よ・・・不器用な母を許しておくれ・・・。

せめてイケメンゴリラのシャバーニが、いいパフォーマンスをしてくれるのを願っているよ・・・。

 

・・・とにかく皆様、明日からぐっと寒くなるようです。風邪をひかないようにお気を付け下さい♪

 

さて、先日は「外壁を長持ちさせるための押さえておきたいメンテナンス、点検のこと」についてお話しさせて頂きました。

今回は 具体的にどのような劣化症状が起きてくるのか実際に私たち、プロタイムズ半田店がご依頼を受けて撮った写真をご紹介します♪

まず、大きくチェックするポイントは

1・屋根 (ドローンを使ってビデオや写真を撮り診断します)

2・外壁 (外装劣化診断士の資格を持つスタッフが行います)

3・シーリング(コーキング)の状態

です。

まずは、劣化が進んでしまった屋根をご覧ください。

こちらの屋根は10年前に塗装したそうですが、塗膜が完全に劣化により剥がれ、防水機能が低下しております。

近くで見ると、塗膜が剥離しているのが分かります。

こちらは塗装によって生まれ変わった同じ屋根です。
見違えるように綺麗になりましたね。


こちらは防水機能が切れ、苔藻が発生してしまった屋根です。
高圧洗浄にて綺麗にしてから塗装を行います。

 

分かりずらいですがひび割れが見られる屋根は、この様に補修を行ってから塗装を行います。

続いて外壁の劣化症状です。

こちらは、外壁を触ると、白い粉が手に着くチョーキング現象と呼ばれる現象が起きている状態です。塗膜の樹脂が劣化して、顔料が析出している状態です。こうなってくると、表面の防水性能が切れて、水がボードに染み込んでしまいます。水の侵入が酷くなってくると夏場の暑さによる膨張や、冬場の凍結による爆裂などで反りや変形ひび割れを誘発してしまいます。それを防ぐために塗装によるメンテナンスが必要となってくるのです。

ひび割れてしまった外壁

反りが出てしまった外壁

苔藻が付着した外壁

外壁だけでも様々な劣化症状があるのが分かりますね。

・ひび割れに対してはひび割れ補修をしてその上から塗装する。
・反りに対しては釘で打ちつけて収まれば、釘で固定してシーリングを補修し、これ以上水が侵入し反りが酷くならないように上から塗装する。
・苔藻の付着した外壁は、防水性能が切れてしまっている事が原因ですので、高圧洗浄にて綺麗にしてから塗装をしてあげる。

こういった対処が必要になってきます。

お次は、シーリングです。

初期の劣化症状  細かいひび割れが発生しております。

中期の劣化症状  劣化が進んで深い所までひび割れが発生しております。水の侵入が懸念されます。

末期の劣化症状  こちらはさらに劣化が進み、完全に下地が見えてしまっている状態です。

こうなってくると、雨が降るたびにボード内に水が侵入していると考えられ、急激に外壁が劣化してしまい、最悪の場合、外壁の張り替えが必要となる事もあるので、早急なメンテナンスが必要になります。

いかがでしたか?一度ご自宅の屋根は見る事が難しくても、シーリングや外壁を触って見てください。

もし、劣化が気になる様であればプロタイムズ半田店にご相談下さい♪

資格を持つスタッフがお伺いしあなたの自宅を診断させて頂きます☆

 

 

半田市近郊で外壁塗装をお考えの方
お問い合わせはこちらから
↓↓↓

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織