ブログタイトル

シリコンコーキングの基礎知識

皆さんこんにちは
愛知県半田市を中心に屋根・外壁のリフォームのご提案をさせて頂いております。
プロタイムズ半田店 (株) 榊原 サポートスタッフの大西です 😀

私は幸運なことに、とてもグルメな従妹がいまして、先日ホームパーティにお呼ばれしてきました

今回は毎年恒例の大トロ祭りです!

トロだけではなく、イクラやあんきも、馬刺しなど、よだれが止まらない食材がずら~り♡♡ 😆 

バーナーであぶって炙りトロや、炙り馬刺しに舌鼓を打って参りました。

従妹の家では、大トロ祭りやBBQ等、年に数回、恒例行事があり、いつもご馳走を食べさせてもらっております(幸)食材にもこだわっていて毎回市場で新鮮なものを厳選し、用意してくれるんですよ。

持つべきものはグルメな従妹いつもありがとう

 

お腹がすいてきたので本題に入ります 😉

.今回はシリコンコーキングの基礎知識

についてお話ししたいと思います。

私たちは普段、あまりシリコンコーキングについて見たり聞いたりする事って少ないですよね?

例えば、キッチンや浴室の水回りにある、隙間・目地などにゴムのようなものが埋まっているのをご覧になったことあるかと思います。

これは「シリコーンコーキング(シリコンコーキング)」というもので、実は家にとって重要な役割を果たしています。

シリコーンコーキングはキッチンや浴室など内装の水回りで、隙間・目地を埋め、防水性・気密性を高めるために使われます。これがないと内部に水が浸入してしまい、建物の劣化に繋がる恐れがあります。

コーキングは「建物における隙間・目地を埋める」という目的で使用されますが、シリコーン以外にも変成シリコーン、アクリル、ポリウレタンなどの種類があります。種類によって用途は異なりますが、特にシリコーンコーキングは耐水性が高く、主に内装で使用されるという特徴があります。

今回は、シリコーンコーキングについて特徴や劣化症状、注意点などを解説していきたいと思います。その役割と違いを理解して、お家のメンテナンスをする際にお役に立てて頂ければと思います。

 

そもそもコーキングの役割とは
①クッションの役割

近年、日本の住宅の外壁には、サイディングボードやALC(軽量発泡コンクリート)などの建材が用いられている事がほとんどです。これらの外壁材は、目には見えませんが気温や湿度の変化で少しずつ伸縮をしているので、隙間を設けずに設置をすると、外壁材同士が衝突し、破損してしまいます。

そのため、一定の隙間を空けて設置をする必要があります。この隙間である目地をコーキングで埋めることでクッションの役割をし、動きに追従し破損を防ぐ役割を果たしています。

②防水の役割

外壁の目地を埋めないままだと、雨天時に水が建物内部へ浸入してしまい雨漏りに繋がる可能性があります。それうえ、建物の防水のために、コーキングは必須の存在だといえます。これは建物外部だけに限らず、キッチンや浴室など建物内部で水を使用する場所においても同じことが言えます。

コーキングが劣化してくるとこの様な症状が現れてきます。

 

ひび割れ 硬化

深部までのひび割れ

コーキングの滑落

 

      

        コーキングの補修方法

コーキングの補修方法として「打ち替え」と「増し打ち」というものがあります。補修方法はコーキングの状態によって必要な方法が変わってきます。

下記の表を参考にしてみてください。

対象となる劣化症状 内容 メリット デメリット
打ち替え ひび割れ、洗浄しても落ちない汚れ 古くなり劣化した既存のコーキングを全て剥がして、新しいコーキングを充填する方法 ・コーキングが新築時と同等の性能を発揮する ・費用が高い・手間が掛かり工期も長い
増し打ち 軽度のひび割れ ・比較的劣化が軽度な既存のコーキングの上に新しいコーキングを充填する・メーカー規定の適正な厚みが確保出来ないと出来ない方法 ・費用が抑えられる・手間が少なく工期が短い ・既存のコーキングと相性が悪いと剥がれる可能性・早期の破断や膨れなどの発生リスクがある

一見すると、手間が少なく費用も安い増し打ちの方がお得なように思えますが、増し打ちは特定のごく軽度の劣化などの条件下でないと行なえません。また、応急処置的なものなので劣化を防ぐものでもないため、住宅の防水・耐震という観点から見ると、新しく打ち替えをする方法をお勧め致します。

大切なお家を長く持たせるためには、家の内側に水を入れない事が最も重要になります。

家のボード内に水が入ってしまうと中が腐って人体にとって有害なカビやダニの大量発生につながり、アトピーや喘息など、住んでいる人の健康に大きく悪影響を及ぼしてしまいます。

目地部分だけでなく、ひび割れや外壁表面の防水性能が切れて、内部に水が侵入してしまうこともあります。大切なお家をこんな状態にさせないために、目地部分のコーキングがひび割れていたり、隙間があいていたりしていないかぜひチェックしてみてください。

プロに診断してほしいという方はプロタイムズ半田店にお任せください。

資格を持ったスタッフがお伺いして、お家の状態を細かく診断させて頂きます。診断見積りは無料です。無理な営業もございませんの安心してお気軽にご連絡くださいね♪

 

半田市近郊で外壁塗装をお考えの方
お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

次回はコーキングを新しくする打ち替えの方法について説明していきたいと思います。お楽しみに♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織