ブログタイトル

基礎のひび割れについて  ①

愛知県半田市を中心に屋根・外壁のリフォームのご提案をさせて頂いております。
プロタイムズ半田店 (株) 榊原 サポートスタッフの大西です 😆

今日はクリスマスイブですね

我が家の子供たちは明日が待ちきれない様子で朝からぴょんぴょん飛び跳ねておりました

今年は静かな年末をという事なので、大々的なパーティは出来ませんが、皆様はどのように過ごしますか?

私はサンタさんに早くコロナが収束して自由に会いたい人に会える世界をお願いします 🙂

さて、本日は基礎のひび割れについて2週にわたってお話ししたいと思いますのでご覧ください♪

 

【基礎のひび割れ】注意すべき6つの劣化症状と効果的な補修方法まとめ

基礎のひび割れ

マイホームの基礎部分にこの様なひび割れはありませんか?

地震が来る来るといわれ続け、住宅の耐震性に注目が高まる昨今、住宅を支える基礎にひび割れ(クラック)を発見してしまったら、大きな不安を感じてしまうのは当然だと思います。しかし、ひび割れにも様々な種類があり、基礎を補修すべき場合とそうでない場合があるのをご存知ですか?

もし補修のタイミングや劣化症状の見分け方を知らなければ、強引な営業により不必要な工事をすることになってしまうかもしれません。お家の基礎の状態をある程度ご自分でチェックできるようになっておけば、劣化具合に応じた適切な対処をすることが可能です。

そこで、基礎のひび割れに関する基礎知識や、補修の目安となる劣化症状の一覧、業者選びの際の注意点などをご説明させていただきます。この記事を読んで、基礎のひび割れ補修に関する正しい知識を身に着けて参考にして見てください。

1.まずは基礎のひび割れについて詳しく知ろう

劣化症状や補修工事の進め方などの詳しい説明に入る前に、まずは基礎のひび割れの原因や、ひび割れが引き起こす問題について詳しく解説致します。

1-1.そもそも基礎のひび割れはどうして起きる?

基礎にひび割れ(クラック)が発生する主な原因は以下の通りです。

・乾燥収縮

基礎のひび割れの原因としてもっとも多いのは、乾燥によってコンクリート内部の水分が蒸発することで基礎が収縮する現象です。住宅の基礎のようにコンクリートが固定されている場合、乾燥収縮によって引っ張られたコンクリートが、耐えきれずひび割れが起こります。

・気温変化

コンクリートは温度が急激に下降すると縮む性質を持っており、その際に発生した力がコンクリートの引張強度を上回るとひび割れが発生します。夏場に施工された基礎などによく起きる現象です。

・不同沈下

地盤が弱い場所に建つ家で発生する可能性がある現象で、住宅が斜めに傾くことで基礎が建物を支えきれなくなり、ひび割れが発生してしまいます。程度によっては、建物が傾いて日常生活に支障をきたしたり、住宅そのものが倒壊してしまう危険もありますので注意が必要です。

・地震

よほどの大型地震でもなければ、深刻なひび割れが発生することは少ないです。もし地震のあとに大きなひび割れが発生している場合は、基礎に何らかの問題がある可能性を疑ってみることをおすすめします。

・施工不良

コンクリートのかぶり厚さ(鉄筋から表面までの厚さ)の不足や、強度不足など、基礎を施工する際に問題があった場合にもひび割れは発生してしまう可能性があります。

・コンクリートの中性化

コンクリートは吸水性の高い素材であるため、雨や大気中の二酸化炭素に長い間さらされると内部のカルシウム化合物が中性化してしまう現象が起こります。鉄筋を保護していたアルカリ性のコンクリートが中性化してしまうことで、鉄筋が錆びて膨張してしまい、その結果ひび割れが発生してしまうのです。

1-2.放置すると鉄筋の錆や地盤沈下の可能性も

では、基礎に発生したひび割れを放置すると、どのような事態を招くのでしょうか?

まず最初に警戒しなければならないのは、ひび割れから雨水がコンクリート内部に浸入することで発生する鉄筋の錆。構造に影響を与えるほどではない幅0.3mm以下の「ヘアークラック」であっても、雨水の浸入は起こり得るため注意が必要です。

また、深刻なひび割れを放置すると基礎の強度が低下してしまい地盤沈下が起こる可能性がもあります。住宅の重量を基礎が支えきれなくなり傾いてしまうのです。後ほど紹介する重大な劣化症状に、あなたのお家の基礎が当てはまる場合は、まずは業者に診断を依頼することをおすすめします。

1-3.耐震性への影響は?

やはり気になるのが、大型地震が起きた時の影響について。基礎に発生したひび割れは、住宅の耐震性にどのくらい影響を与えるのでしょうか?

結論から言うと、幅0.3mm以下のひび割れが少し発生している程度では耐震性に大きな影響はありません。ただし、構造に影響を及ぼす恐れのあるひび割れが発生している場合はその限りではありません。深刻なひび割れを放置することで基礎の強度が低下してしまっている場合、大型地震が発生した際には最悪の場合、倒壊の危険性もあります。もし、すでに住宅に傾きが生じてしまっているようであれば早急の対策が必要です。

2.基礎を補修すべきひび割れの種類一覧

ここからは、基礎の補修を必要とするひび割れの状態を写真付きで解説させていただきます。業者に相談する前に、ご自身でチェックする際の参考にしてください。

2-1.幅0.3mm、深さ4mm以上の「構造クラック」

幅0.3mm以上、深さ4mm以上の「構造クラック」と呼ばれるひび割れが発生している場合は、基礎の補修が必要です。構造クラックは「貫通クラック」とも呼ばれ、ひびが表面だけでなく内部の鉄筋まで届いてしまっている非常に危険な状態です。雨水の侵入によって鉄筋が錆びてしまうだけでなく、ひび割れが広範囲に広がってしまい、最悪の場合地盤沈下を招いてしまう可能性があります。換気口の角の部分に発生しやすいので、ぜひチェックしてみましょう。

また、ひび割れの幅を測る際は「クラックスケール」と呼ばれる道具を使用すると便利です。(写真参照)

※クラックスケールはホームセンターなどで購入することができます。価格は数百円程度で、基礎だけでなく外壁のひび割れをチェックする際にも使用できますので、住宅のリフォーム・補修を考えている方は購入してみるとよいでしょう。また、幅0.3mm以下、深さ4mm以下の髪の毛ほどの大きさのひび割れは「ヘアークラック」と呼ばれ、基礎の強度に直ちに影響を与えることはないとされています。

2-2. 同じ場所にある複数の微細なひび割れ

たとえ小さなひび割れであっても、限られた範囲内にいくつも発生している場合は注意が必要です。1m以内に3つ以上のひび割れがあるかどうかを一つの目安とし、あまりに多くのひび割れが発生している場合は基礎の構造への影響が疑われるため、プロによる診断を検討してみた方がいいかもしれません。

2-3.基礎の高さいっぱいまで伸びているひび割れ

基礎を上から下まで横断して伸びているひび割れには注意が必要です。たとえ幅が小さなヘアークラックであっても、そのような場合は早めに補修を検討することをお勧めします。

2-4.水平方向に走るひび割れ

あなたのお家の基礎に発生したひび割れが、写真のように横方向に伸びていた場合、設計や施工に何らかの問題を抱えている可能性があるかもしれません。

1章でも述べた通り、基礎にひび割れが起きる原因としてもっとも一般的なのは、乾燥や温度変化によって生じるコンクリートの収縮です。ひび割れは縦方向に発生することが多く、そのほとんどが構造に影響を与えるほどではないヘアークラックです。しかし、横方向や斜めに伸びるひび割れは大きな力が基礎に加わることで発生します。

しっかりと施工された基礎であれば、多少地震が起きた程度ではクラックが発生することはありません。上記ようなひび割れがある場合は住宅の構造に何らかの問題がある可能性があります。信頼できる業者に一度相談してみるといいでしょう。

2-5.基礎コンクリートの破裂・滑落

小さなひび割れを長期間放置してしまうことで発生するのが、基礎コンクリートの破裂・滑落です。放置が続くと、ひび割れがどんどん広がってしまい、内部への水の浸入を防ぐことが難しくなってしまうばかりか、そのまま放置すると地盤沈下のリスクも大幅に増加してしまいます。基礎のひび割れがこの写真のような状態になる前に補修しておくことをおすすめします。

2-6.雨染みの発生

基礎のコンクリート内部に雨水が浸入していることを示すサインとしてもっともわかりやすいのが、ひび割れ周囲の雨染みの発生です。酷い場合は内部の鉄筋のサビ汁が溢れてしまっている場合もあり、基礎の強度への影響が懸念されます。そもそもコンクリートそのものには防水性がありませんので、ひび割れがない箇所にも雨染みが発生する可能性が十分にあります。

雨染みを未然に防ぐためには、基礎を塗装して雨水の浸入をシャットアウトする必要があります。基礎の塗装によるメンテナンス方法については、来週のブログで3章を詳しく解説させていただきます。

 

 

 

半田市近郊で外壁塗装をお考えの方
お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織