ブログタイトル

【半田市】【阿久比町】【常滑市】15分でわかる!外壁塗装をクーリングオフする方法

☆皆さんこんにちは☆
愛知県半田市を中心に屋根・外壁のリフォームのご提案をさせて頂いております。
プロタイムズ半田店 (株) 榊原 サポートスタッフの大西です 😀

梅雨あけちゃいましたね(-_-;)

暑いですね(-_-;)

皆様熱中症には気を付けてお過ごしくださいね。

本日のお題はこちら!

15分でわかる!外壁塗装をクーリングオフをする方法

外壁塗装をクーリングオフする方法

「業者に脅され、焦って契約をしてしまったがやっぱり解約したい」

「契約するまで帰らないと言われやむなく判を押したが取り消したい」

「契約してすぐに工事が始まったが、工事内容があまりにもひどいので解約したい」

「押されて契約したが、のちのち調べて見ると業者がとても悪評だったのでもう一度考え直したい」

外壁塗装では、このような訪問販売による契約トラブルが後を断ちません。

そこで、消費者を守る為に整備された「クーリングオフ」という制度があります。これは皆さんも良く耳にしたことがあるかと思います。

しかし、実際にクーリングオフってどうするの?聞いたことはあるが、うちの場合にも適用されるのか、どのような手順なのか、手続きは何が必要なのか、と疑問を持っている方も多くいらっしゃると思います。

ここでは、クーリングオフがどのような制度であり、どのような手順を踏み、手続きが必要なのか、事例も交えてわかりやすく説明していきたいと思います。

1.そもそもクーリングオフとは?

早速、外壁塗装におけるクーリングオフについて内容を理解していきましょう。

外壁塗装においてのクーリングオフとは?

外壁塗装では、悪質な訪問販売による契約トラブルが今でも跡を絶ちません。

クーリングオフは、そんな訪問販売による契約トラブルから消費者を守る為に、訪問販売や電話営業等で契約をした後、解約を行うことが出来る制度です。契約した日から8日以内であれば、クーリングオフ制度が適用されます。

訪問営業や電話営業といった勧誘で、冷静な判断ができない状態での契約をしてしまった際、消費者を守る目的で設けられました。契約自体に問題がなければ、ほとんどの場合で適用されますが、例外としてクーリングオフが適用されない場合もあるので、後ほど詳しく説明していきたいと思います。

2.うちの場合はクーリングオフできる?できない?

それでは、クーリングオフが出来る場合、出来ない場合の違いについて説明していきたいと思います。

2-1.クーリングオフが出来る場合

クーリングオフが適用されるケースは以下の通りです。

①クーリングオフが可能な内容が記載された契約書を受け取ってから8日以内の場合

※契約書を受け取った日が1日目と数えます。

②契約者側から業者を呼び寄せていない場合

※契約者が電話やメールで問合せをした場合は適用されません。

③契約場所が業者の事務所(店舗)で行っていない場合

※無理やり事務所に連れて行かれて契約をしてしまった場合等は除きます。
④個人が法人と契約をしている場合
※法人が法人と契約した場合は適用されません。また、下記のケースでも適用されます。

⑤契約書等に法律で決められた通りにクーリングオフについての注意書きをしていない等の不備がある場合

※通常は契約書に赤字で記載がされています。

⑥契約書をもらっていない場合

※契約書を受け取っていない場合はいつでもクーリングオフが可能です。⑦「クーリングオフは出来ない」と業者から嘘をつかれ、出来ないものだと勘違いをし期間を過ぎてしまった場合
※業者がクーリングオフさせないように威圧的にか契約してしまった場合も含みます。

以上のような状況の場合、工事後の着工後でも期間内であればクーリングオフは可能です。

万が一、「工事が始まっているから」等と断られたとしても速やかに国民生活センター(消費者生活センター)へ相談することをオススメします。
クーリングオフでは既に始まってしまった工事も元通りにするまで全て業者負担となります。
状況に惑わされず冷静に判断をすることが大切です。

 

2-2.クーリングオフが出来ない場合

注意して頂きたいのが、どんな契約でもクーリングオフが適用されるわけではありません。
クーリングオフが適用されないケースは以下の通りです。

①正規の契約書で契約を結び、8日過ぎてしまった場合

②契約者自身で業者を呼んだり、業者の事務所(店舗)に赴き契約をした場合

③契約金額が3,000円未満の現金取引の場合

④過去1年間に取引実績がある業者と契約を結んだ場合

⑤日本以外で契約を結んだ場合

 以上のような状況では残念ながらクーリングオフは適用されませんので、注意しておきましょう。

3.書類を業者に送るだけ!クーリングオフの手続きの流れ

外壁塗装において、少しでも契約に不満、後悔があればクーリングオフを視野にいれましょう。

実際にクーリングオフをすると決断した場合、8日間の期限も迫っている、何から始めたら良いのか全くわからないと焦ってしまうかもしれませんが、大丈夫です。先ずは落ち着いて状況を整理して手続きを行うようにしましょう。

3-1.まずは契約書の確認

先ず一番初めに、今回の契約状況でクーリングオフが適用になるかの確認が必要です。2-1.の内容をもとに今一度、契約書内容が適正かどうか、また適正な場合は契約書を受け取った日等を確認しましょう。

確認してクーリングオフが適用される内容でしたら次のステップとなります。

3-2.準備しておくべきもの

クーリングオフで必要なものを準備しましょう。申請は書面で行いますが、通知方法の形式には決まりがありません。ハガキや封筒、FAXで出すことが可能です。

【準備物】
・契約書の控え
・契約した会社の資料
・ハガキか封筒、もしくはFAX用紙

【記載内容】
・契約書を受け取った日付(契約書に記載のある日付)
・契約した商品名(外壁塗装の場合は工事名)
・金額
・契約先の業者名
・業者の担当者名、代表者名
・契約の解除をしたい旨(理由)の意思表示
・申し出日(クーリングオフを申し出た日)
・自分の住所(契約者)
・自分の名前(契約者)

ハガキや封筒で出す場合は、必ず証拠として中身をコピーして保管するようにしましょう。また、郵送した記録を残す為に特定記録、簡易書留、書留で郵送することをオススメします。

悪質な業者はクーリングオフの書面を受け取らない場合もあります。そのような事態に備えて、内容証明郵便を使用されることをオススメします。そうすることで相手が言い逃れが出来なくなります。
※内容証明郵便とは、「誰が、誰宛てに、いつ、どんな内容の手紙を出したのか」ということを郵便局(郵便事業株式会社)が公的に証明してくれる郵便です。

 

3-3.クーリングオフの書面の書き方

では実際のクーリングオフの書面の書き方をお伝えします。
書面は縦書きと横書きはどちらでも問題はありませんが、以下の点を注意して書面を作成しましょう。

①書面は3つ作成する

業者への送付分、自分の控え分、郵便局で保管する分(※内容証明郵便の場合)の3つを作成します。

②文字数や行数の制限に注意(※内容証明郵便を利用する場合)

1枚の書面にかける文字数や行数には決まりがあります。
・縦書きの場合「1行20文字以内×1枚26行以内」
・横書きの場合「26文字以内×20行以内」or「20文字以内×26行以内」or「13文字×40行以内」のいずれか
加えて、句読点やカッコも1文字とカウントし、カッコは2つで1文字扱いとなります。また、枚数が2枚以上になる場合は契印(ページ間の割印)が必要なので注意が必要です。

※内容証明郵便を利用する場合には文字数や行数に制限があります。

③使用できる文字は限定されている(※内容証明郵便を利用する場合)

書面を作成する際、漢字、ひらがな、カタカナ、数字を使用することが出来ます。また、英字に関しては社名、商品名に限定してのみ使用することが可能です。

※内容証明郵便を利用する場合には文字に制限があります。

④訂正方法

書面を書き間違えた際は、間違った文字の上に二重線を引き、差出人の訂正印を押印し、その付近に正しい文字を書きます。また、削除した文字数と訂正した文字数も「◯字削除・◯字加入」と書きます。

⑤郵送の年月日・差出人・受取人の名前と住所を書く

郵送した年月日、差出人、受取人の名前、住所を必ず書きます。(差出人の任意で差出人のところに捺印)

⑥用紙・筆記用具に縛りなし

書面の作成において、どんな用紙、筆記用具でも問題はありません。もちろんパソコンでも問題ありません。
ただ、手書きの場合は文字が消えないよう消せないペンで書くことが好ましいとおもいます。

⑦封筒の書き方

封筒を使用する場合、書き方は普段の封筒の書き方で問題ありません。
表に受取人の住所、氏名、裏に差出人の住所、氏名を書きます。

【記入事例】

実際のクーリングオフの記入方法を以下の事例を用いてご紹介します。

施主の□○花子さんが、株式会社◯◯塗装店にて屋根・外壁塗装リフォームを契約した。
しかし、◯◯塗装店とは訪問販売で半ば強引に契約しており、実際、施工が始まると品質に疑問が出てきたので、やはり他の業者に依頼したいと思いクーリングオフを決心した。

・契約書を受け取った日付(契約書に記載のある日付):2017年2月1日
契約した商品名(外壁塗装の場合は工事名):屋根・外壁塗装リフォーム
・金額:1,400,000円
・契約先の業者名:株式会社◯◯塗装店
・業者の担当者名、代表者名:◯◯太郎
・契約の解除をしたい旨(理由)の意思表示:上記日付の契約を解除します。尚、支払い済みの1,400,000円をすみやかに返金し、商品を引き取って下さい。
・申し出日(クーリングオフを申し出た日):2017年2月5日
・自分の住所(契約者):◯◯市◯◯区◯◯町◯◯番地
・自分の名前(契約者):□◯花子

 

※あくまでクーリングオフの例文ですので、必ずしもこの通りに書かなければならないということではありません。

3-4.あとは書類を送って完了

書面が完成したら業者へ送付しましょう。内容証明郵便で出す場合は、郵便局で手続きを行います。
※内容証明郵便を扱う郵便局は郵便物の集配をする郵便局と特定の郵便局です。もし、わからない場合は、電話で近くの郵便局に確認して下さい。

内容証明の加算料金は430円 (2枚目以降は260円増)です。

また、クーリングオフで契約が適用される期間は、クーリングオフ書面を差し出した郵便物の消印がされた日となります。

 

3-5.クーリングオフ後の対応

クーリングオフの後は契約はなかったことになるので、損害賠償や違約金を支払う必要はありません。
また、業者には建物を契約前の状態に戻すことが義務付けられています。建物を契約前の状態に戻す為の費用等は全て業者が負担します。何か取り付けたもの、設置された物も業者負担で元の姿にすることが出来ます。

 

4.わからない時にはすぐに相談を!

ウチの場合はクーリングオフが適用できるのか、クーリングオフを申請しても相手にされない等といった問題があった場合は速やかにに国民生活センター(消費者センター)へ相談しましょう。

国民生活センター(消費者センター)では、商品やサービス等の消費生活全般に関する苦情や問合せ、消費者からの相談を専門の相談員が受付け、公正な立場で処理にあたってくれます。

何事も早め早めの対応が大切です。何か問題があった場合はすぐに相談しましょう。

 

5.実録!実際にあった外壁塗装のクーリングオフ事例

外壁塗装における契約トラブルは数え切れないほどたくさんあります。今回はトラブルの例をご紹介します。

5-1.事例①「訪問販売業者にしつこく迫られ契約してしまった」

一つ目は強引な契約方法をとられた事例です。
「今日中に契約したら半額ですよ。」「明日になれば通常価格になりますよ」と言われ続け、長時間居座り契約を迫られたという案件があります。

このような場面になってしまっては根比べになってしまい、あまりのしつこさにもう契約するしかないと諦めに近い感情での契約となります。もちろん、このようなやり方では不満が出やすくなります。

契約するまで居座りする行為は訪問販売でよくある事例の一つ。しかし、上記の例は訪問販売での案件となるので無事にクーリングオフが適用されました。契約書を書いて冷静になってきちんと対処できたことがカギとなります。

 

5-2.事例②「モニターになっていただくと大幅値下します」

二つ目もよく聞く事例だと思います。「モニターになれば費用は大幅削減します」「半額にしますよ」と嘘の内容を説明し、実際は高額な契約を迫られたという案件があります。

こちらも訪問販売で案件獲得の為によく使われる文言です。いざ診断をして見積りをもらったらものすごく高額ですが、営業マンの言葉巧みな説明にうっかり契約をしてしまうケースもあるみたいです。しかし、契約者も契約後に冷静になってからやっぱりおかしいとクーリングオフで解約に至りました。

 

 

まとめ

いかがでしたか?
クーリングオフと良く聞くが、いざとなったらどのような手続きをしたら良いのか、ほとんどの方がわからないものです。
きっとこの記事を見られた方の中にも、急ぎで読んでいる方もいらっしゃるかと思います。
ですが、とにかくそのようなときこそ冷静な対処が必要です。
要点を押さえ、納得のいかないものは毅然とクーリングオフで対処をしていきましょう!

半田市近郊で外壁塗装をお考えの方お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

【半田市】【阿久比町】【常滑市】[雨は塗装の大敵!]外壁塗装に適した天気とは?プロが徹底解説!

皆さんこんにちは
愛知県半田市を中心に屋根・外壁のリフォームのご提案をさせて頂いております。
プロタイムズ半田店 (株) 榊原 サポートスタッフの大西です 😀

本日は今の季節に皆様が気になる雨と塗装のお話です。

[雨は塗装の大敵!]外壁塗装に適した天気とは?プロが徹底解説!

お家の塗装をする際に、塗装作業ができる天気とできない天気があることをご存知ですか?

外壁塗装ができるかできないかは天気に左右され、雨の日以外にも天気の状況が悪いと行うことができません。なぜかというと、塗装本来の性能が発揮されなかったり、仕上がりが悪くなってしまったり、不具合が発生する可能性があるからです。
本記事では、外壁塗装ができる天気とできない天気について、またよくある質問など外壁塗装と天気のことをまとめておりますので、本記事を参考にしていただければ幸いです。

1.外壁塗装ができる天気・できない天気

外壁塗装には、外壁塗装ができる天気とできない天気があります。
そのため外壁塗装ができる天気とできない天気についてご説明致します。

1-1.外壁塗装ができる天気

塗装できる

外壁塗装ができる天気は晴れと曇りです。外壁塗装は外で行われますので、「気温と湿度」の影響を受け、塗った際の仕上がり具合が変わります。

外壁塗装ができる条件は、下記の通りです。

・晴れ又は曇り
・気温5℃以上(
・湿度85%未満

この条件を満たしておけば、1年中外壁塗装を行うことができます。

1-2.外壁塗装ができない天気

塗装できない

外壁塗装ができない天気は雨と雪です。

外壁塗装ができない条件は、下記の通りです。
・気温が5℃以下
・湿度が85%以上
・雨や雪が降っている
・強風が吹いている
・外壁面が結露していたり霜が降りていたりする
この条件があるため、湿度が高くなる雨や気温が下がる雪の日はできません。

また、この条件を守らず無理やり塗装してしまった場合、下記の不具合が起こる場合がございます。
・塗料が水で薄まり、塗料本来の性能が発揮されない
・塗料が乾燥せず十分な乾燥が得られないため、仕上がりが綺麗にならない
・湿気が原因で、密着不良が起き、剥がれや浮きなどが発生するリスクが高まる

・雨の跡が塗った外壁に残ってしまう

上記の不具合が起こる可能性が高いため、外壁塗装ができません。

1-3.[補足]外壁塗装ができない天気でも工程によっては進行できることも

1-2でも紹介しましたが、外壁塗装にはできない天気がございます。
しかし、外壁塗装ができない天気でも工程によっては進行可能な工程がございますのでご紹介致します。

 

外壁塗装の流れ 雨・雪でも進められる工程 理由
①近隣の挨拶 天気に関係なく挨拶はできるため
②足場設置前の現場確認 天気に関係なく確認はできるため
③足場の設置 天気が悪すぎる場合、足場が設置できない可能性があるため
④高圧洗浄 天気が悪すぎる場合、高圧洗浄ができない可能性があるため
⑤下地処理 できない天気に下地処理を行うと不具合が起こる可能性があるため
⑥養生 天気が悪すぎる場合、養生ができない可能性があるため
⑦外壁塗装・下塗り できない天気に下塗りを行うと不具合が起こる可能性があるため
⑧外壁塗装・中塗り&上塗り できない天気に中塗り&上塗りを行うと不具合が起こる可能性があるため
⑨完了検査 天気に関係なく完了検査はできるため
⑩足場の解体&完成 天気が悪すぎる場合、足場の解体ができない可能性があるため

外壁塗装にかかる期間(日数)は10~21日間が目安と言われています。
○は工程を進めることができます。
✕は工程を進めることができません。
△は大雨や強風など天気が大きく荒れた場合は工程が中止になることがあります。

 

2.外壁塗装の天気|よくあるQ&A

疑問

よくあるご質問をQ&Aにまとめましたので、ご参考にしていただければ幸いです。

2-1.外壁塗装の中止はいつ決まる?

1-3の表で✕になっている工程の当日に雨が降っている場合は、その日の朝に中止となります。
天気予報が雨や雪のできない条件になっている場合、工程によっては予め工事が中止になることがあります。

2-2.突然、雨が降り出した時は?

突然雨が降り出した際は、中止になります。
もし途中まで塗っていた箇所がある場合は、天気が回復するのを待ち、塗っていた箇所が乾いていることを確認した後に、塗料を塗り直します。また雨が続くの場合は、状況により後日塗り直しが行われます。

2-3.外壁塗装ができない日が続いた場合どうなる?

外壁塗装ができない日が続いた場合、基本的に作業は行なえません。できる天気や塗料が乾燥するまで作業を再開することができませんので、作業が行えなかった日数分工期が延びてしまいます。

2-4.外壁塗装ができない日が続いた場合は追加料金が発生する?

外壁塗装ができない日が続いた場合、工程が延び、追加料金が発生すると心配されるかと思いますが、天候が原因ですので、追加料金の発生はありません。もし、追加料金を請求してくる会社は、契約するのをやめておいたほうがいいでしょう。

 

3.外壁塗装は1年中できる

塗装業者

外壁塗装は基本的に下記の条件を満たさない場合は1年中塗装することができます。

外壁塗装ができない条件として
・気温が5℃以下
・湿度が85%以上
・雨や雪が降っている
・強風が吹いている
・外壁面が結露していたり霜が降りていたりする

外壁塗装は1年中できますが、季節が春夏秋冬ありますので、外壁塗装における月と季節ごとのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

春(3月・4月・5月)

春は比較的降水量が少なく、気温と湿度も安定しているため外壁塗装をする季節として人気があります。しかし、人気の高い季節となりますので、希望の日程で工程を進めることができない可能性が高まります。

メリット デメリット
・気温と湿度が安定しており、空気が乾燥しているため塗料が乾きやすい・比較的雨が振りにくく、塗料が乾きやすいため工程がスムーズに進みやすい ・春は繁忙期と言われており、希望の日程で工程が進められない時がある

梅雨(6月)

梅雨は雨が降る日が多い季節で、雨が降る日は外壁塗装ができない条件に当てはまります。そのため、工期が予定より延びる可能性が高い季節となっています。ただし、梅雨でもできる条件の日に行えば、他の季節と変わらずに外壁塗装をすることができます。

メリット デメリット
・工事の予約が取りやすい・工事が延びた際は、塗装業者とじっくり話せるので安心して外壁塗装を行える・人気が低い時期の為、業者によっては割安にしてくれるところもあります。 ・工期が予定より延びる可能性が高い

夏(7月・8月)

夏は気温が高く、塗料の乾燥が早いため、作業効率が上がり予定通りに工事が進みやすい季節です。
しかし、養生を行いますので、窓を開けることができず、家の中で過ごし辛くなります。

メリット デメリット
・気温が高く、塗料の乾燥が早いため予定通りに工事が進みやすい ・養生するので、窓を開けることができず家の中で過ごし辛い・夕立やゲリラ豪雨など急な雨で作業が中止になる

秋(9月・10月・11月)

秋は春と気温や湿度が同じような季節ですので、春と同様に外壁塗装をする季節として人気です。しかし、秋は台風が多い季節でもありますので、台風が原因で工程が延びてしまうことを加味してスケジュールを組んでもらうことが重要です。

メリット デメリット
・気温と湿度が安定しており、空気が乾燥しているため塗料が乾きやすい・比較的雨が降りにくく、塗料が乾きやすいため工程がスムーズに進みやすい ・秋も繁忙期と言われており、希望の日程で工程が進められない時がある・台風が原因で工期が延びてしまう可能性がある

冬(12月・1月・2月)

冬は天候が崩れることが比較的少なく、予定通りに工程が進むため施工日程を組みやすいと言われています。
しかし、施工日程は組みやすいですが、日照時間が短く、塗料の乾燥に時間がかかるので他の季節より工程日数が増える可能性があります。

メリット デメリット
・雨が降る日が比較的少なく、予定通りに工程が進むため施工日程を組みやすい・養生し、窓が開けることができなくても家の中で過ごしやすい

・塗装業者が閑散期に入るため、希望通りの期間で工事ができる

・日照時間が短く、塗料の乾燥に時間がかかるので工程日数が増える可能性がある・気温が5℃以下になる日や雪が降った際は作業ができない

 

まとめ

外壁塗装ができる天気とできない天気について解説させていただきました。
また、その他にも外壁塗装に関してよくあるQ&Aや外壁塗装における月と季節ごとのメリット・デメリットについてもまとめさせていただいております。
外壁塗装を検討する際は、作業する時の天気が重要ですので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

半田市近郊で外壁塗装をお考えの方お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

【半田市】【阿久比町】【常滑】外壁塗装のよくあるクレーム事例&対処法を大公開!

皆さんこんにちは
愛知県半田市を中心に屋根・外壁のリフォームのご提案をさせて頂いております。
プロタイムズ半田店 (株) 榊原 サポートスタッフの大西です 😀

外壁塗装について何らかの不満があり、業者にクレームを入れたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。なかには物申したいことはあるものの、クレームを入れるのに抵抗のある方もいらっしゃるでしょう。そもそも自身の主張が合っているのかどうか判断がつかず、クレームを入れるのに戸惑っているという方もいらっしゃるかもしれません。

誤解のないよう先にお伝えすると、クレームを入れることは、なにも悪いことではありません。もちろん、業者に文句だけを投げつけるようなやり方はオススメできませんが、業者といっしょに解決の道を探るためのクレームであれば、クレームを入れたからといって損をするようなことは、まずありません。”クレーム”という言葉を使うと、なんだか仰々しく感じてしまいますが、要は「~が気になっている」「もっと~してほしい」といった意見を伝えるということです。

この記事では、”外壁塗装業者へクレームを入れたい”と思ったときに、役立つ情報をご紹介してまいります。よくあるクレーム事例&対処法、効果的なクレームの入れ方など、ぜひ、参考にしてみてください。

1.クレームはのみこまず、きちんと伝えるべし

先にも、クレームを入れることは悪いことではないとお伝えいたしましたが、クレームを入れたいと思うほどに気がかりなことや、不信に思うことがあれば、きちんと業者に伝えることをオススメいたします。外壁塗装は決して安い買い物ではありません。伝えずにそのままにしていても、状況は変わらず、ただ後悔を抱えてしまうことにもなりかねません。

クレームを入れるときのポイントは、どこが、どう気になっているのか、感情的にならずに、冷静に状況を整理して、きちんと伝えること。クレームを入れるとなると、ついつい感情的になってしまいがちですが、感情が先に立ってしまっては、伝わるものも伝わらなくなってしまう可能性があります。

大事なのは、クレームを入れることではなく、クレームを入れて問題を解決することです。クレームを入れる際には、感情はひとまず脇に置いて、気になっているポイントを冷静に伝えるように心がけましょう。

2.よくある外壁塗装のクレーム&対処法

ここでは、よくある外壁塗装のクレーム内容と、その対処法をご紹介します。そもそも、どんなクレームがあるのか、また現在抱えているクレームの内容と似たものがあれば、その対処法も参考にしてみてください。

2-1.最もトラブルになりやすい外壁塗装の“色”

カラーシミュレーション

「色見本で確認した色と、外壁に塗装した色が違って見える」「なんとなく業者に言われるがままに色を選んでしまったが、仕上りに不満がある」など、外壁塗装の色に関するクレームは、後を立ちません。

<対処法> 上から違う色を塗り重ねることはできる。ただし、多くが自己負担。

そもそも色を選ぶ段階で、一度は納得している以上、“仕上がってみたら色が気に入らなかった”といった感覚的な理由だけで、塗装業者が無料で違う色に塗り替えてくれることは、まずありません。どうしても違う色に塗り替えたい場合には、塗り替えにかかる費用は自己負担する必要があります。この場合、上塗り(場合によっては中塗りも)の費用を再度負担することになります。ただし、塗料の種類によっては、そもそも塗り重ねられないものもあるので、まずは塗り替えられるかどうか、業者に確認することが先決となります。

クレームに発展してしまう最大の要因は、外壁塗装の色選びに関して知っておくべき情報をきちんと押さえずに、なんとなく色を選んでしまうことにあります。そのため、そもそも色が気に入らないといった事態を起こさないためには、色を選ぶ段階で、“外壁塗装の色選びに関するポイント”を知っておくことが重要です。特に、色の印象は面積の広さや天気等によっても変わる等、過去のブログでもお伝えしている色の見え方に関するポイントは押さえておきましょう。

 

2-2.工事中のニオイや騒音にストレスMAX!

臭い

いざ工事がはじまると、塗料のニオイや業者の話し声が気になり、ストレスを抱えてしまう方も少なくありません。

<対処法> “ストレスを解消するためにどうすればいいか”を業者と探る

ニオイや騒音を完全になくすことはできないということは、多くの方々も理解しているところだと思います。事実、どんなに業者が頑張っても、塗料のニオイがなくなるわけではありませんし、作業の内容によっては、どうしても音が出てしまうこともあります。そのため、ただ文句を言うためにクレームを入れるというのはオススメできません。

ですが、なかには気をつければどうにかなるポイントもあります。たとえば「ニオイが気になるから窓が開けられなくて困っている」という場合。その日の塗装箇所によって、開ける窓を業者と相談することはできるでしょう。また「外がうるさい」という場合にも、もしかすると職人さんたちに私語を控えてもらうことで随分と救われる部分もあるかもしれません。

業者といっしょに妥協点を探っていき、うまく工事のストレスと付き合っていくのが賢い選択です

 

 

2-3.追加工事が発生するなんて、聞いてない?!

money_bag_yen

工事の途中で追加工事が必要だと言われ、追加費用まで請求された、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。追加工事&費用なんて聞いていない、とクレームを入れたくなるところですが、実際に工事に着手してからはじめて追加工事の必要のある箇所が発覚するケースもあるため、クレームを入れる際には、注意が必要です。

<対処法> なぜ追加工事が必要なのか明らかにする。工事箇所&費用は書面で取り交わすべし。

業者に追加工事の提案を受けた際には、まず“なぜ追加工事が必要なのか”をきちんと説明してもらいましょう。詳細な説明を嫌がったり、威圧的な態度に出るような業者の場合は、最初は安い見積りを提示して、追加請求を重ねることで費用を吊り上げていこうとする心ない業者の可能性があるため注意が必要です。不信に思うところがあれば、第三者機関に相談してみるのも一つの手です(詳細は、「3-3.トラブルが発生したときに頼れる第三者機関」を参照)。

しかし、明確に理由がある場合は、先にもお伝えした追加工事が必要なケースのため、クレームを入れても仕方ありません。

ここで気をつけておきたいのが、追加工事を依頼する場合にも、再度、契約書を交わす必要があるということです。口約束で進めてしまうと、想定していた金額と異なっていたなど、新たなクレームの火種をつくってしまうことにもなりかねません。追加工事が発生した時点で、必ず再度、新たな契約書を交わすようにしましょう。

 

追加工事が発生するかどうかは、実際に工事に着手してみないことにはわからないこともありますが、“工事が発生する可能性があるかどうか”は工事前にもわかります。そこで、そもそも急な追加工事の発生にあたふたしないためには、契約時に追加工事のリスクを確認しておくことをオススメいたします。

2-4.予定していたスケジュールから大幅に遅れている

calender_takujou

想定していた日を過ぎても工事が終わらず、早くしてほしいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。もしかすると、業者が現場に来たり、来なかったりで、現状どのような状況になっているのかと気を揉んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

<対処法> 現在の状況と遅れの発生理由を確認。さらに工事完了日を明確にしてもらう。

外壁塗装は天気や気候によっては、そもそも塗装ができないこともあるため、工事スケジュールの遅れは回避できない事もあります。そこで、スケジュールの遅れの疑いがある場合、クレームを入れる前に、まずは、現在の状況となぜ遅れているのかを業者に確認することが先決です。確認した結果、遅れの理由をはぐらかされたり、曖昧な回答しか得られない場合には、業者の不手際による遅れの可能性があるため、きっちりクレームを入れて、改善をしてもらえるように動く必要があります。

また、工事の遅れの原因がなんにせよ、遅れている場合には新たに工事スケジュールを提示してもらいましょう。その際、工事完了日だけでなく、いつ、どのような工事をする予定なのか、工事工程のスケジュールも併せて確認できると、その後の進捗が把握できるので安心です。

 

2-5.塗装工事後に、塗り残しや塗りムラなどの不備を発見

塗装工事が完了し、引き渡してもらったところ、塗り残し・塗りムラ・飛び散った塗料の不始末などを発見し、どうしたものかと思い悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。塗装工事は、完成品を見て購入することができる商品ではないため、施工品質に関するトラブルは少なくありません。

  <対処法> 塗り残しや塗りムラなどの不備は、業者に補修してもらうのが原則。

不備を見つけたら、すぐに業者に連絡を入れて、補修を求めましょう。業者の落ち度による不備であれば、まず間違いなく補修してくれるはずです。ただし、支払いも完了し、工事が終結している場合や工事後時間が経ち過ぎている場合は対応してもらえないこともあるので、注意が必要です。

また、業者と補修について話がついたら、工事箇所と完了期日について、必ず書面で確認するようにしましょう。口頭での約束は、後から「言った・言わない」のトラブルを発生させてしまうことにもなりかねないため、注意が必要です。

 

そもそも工事が終わってから「あ!」ということがないようにするためには、工事完了検査の実施が有効です。工事完了検査とは、引き渡しの際に、施主(消費者)と、業者(職人、営業担当者)立ち会いのもと、工事が完了している箇所に問題がないかチェックしていく作業のことです。業者といっしょにチェックをすることで、その場で不備が発見できるため、補修の依頼・対応もスムーズです。また、「工事が終わってしばらくしてから自分でチェックしたら、外壁にキズがあったが、もはや誰がつけたかわからない」など、責任の所在が曖昧になるというトラブルも未然に防ぐことができます。

2-6.塗装後すぐに剥がれ・色あせなどの不具合が発生

05-色あせ

「塗装後わずか1ヶ月で塗装が剥がれてきた」「まだ半年ぐらいしかたっていないのに、もう色あせている」「塗膜が膨れてきた」など、塗装後すぐに不具合が発生し、業者にクレームを入れたいと思っている方も多いのではないでしょうか。外壁塗装という商品は、塗装直後にはどれも美しく、品質の良し悪しが判断できないことも少なくありません。しかし、品質に問題がある場合は、本来の耐久性を保持できないため、早々に劣化症状がみられるようになります。

<対処法> まずは保証書を確認すべし。

業者にクレームを入れる前に、まずは保証書を確認しましょう。保証期間内であれば、堂々と業者に劣化の症状を伝え、補修依頼をしましょう。問題は、そもそも保証のついていない場合でしょう。中には、塗装工事をしたときに業者から保証について言及されず、またこちらも確認をしていなかったということもあると思います。このような場合でも、リフォーム瑕疵保険に加入していれば、さらに引き渡しから1年以内などの諸条件を満たすと、保険会社(住宅瑕疵担保責任保険法人)から業者へ補修にかかる費用が保険料が支払われるため無料で補修してもらえます。このリフォーム瑕疵保険は、業者が倒産している場合にも保険料が支払われるのもポイントの一つです。

では、保証も、リフォーム瑕疵保険もない場合はどうすればいいのでしょうか。もちろん、泣き寝入りするしかないということはありません。まずは、業者に連絡をして不具合が発生していること、そして補修をお願いしたい旨を伝えてみましょう。なかには、保証書を交わしてなくても、きちんと対応してくれる業者も少なくありません。とはいえ、対応してくれない業者もあるでしょう。そんな時は、自身でなんとかしようとせず、第三者機関を頼るのが賢い選択です(第三者機関について詳しくは、「3-3.トラブルが発生したときに頼れる第三者機関」をご覧ください)。

 

「保証」の有無は、なにか不具合が発生したときに、自身を守るための重要な盾となります。そのため、保証の有無はできれば契約前に確認しておくと安心です。また、そもそも業者選びの段階でリフォーム瑕疵保険の登録業者を選ぶというのも一つの手です。

 

2-7.【補足情報】近隣住民からクレームを受けた場合

クレーム

自身が業者にクレームを入れるのではなく、近隣住民からクレームを受けてしまうケースもあります。実際に「工事の音が気になる」「ニオイが気になる」「車に塗料が飛び散った」など、なんらかのクレームを近隣住民から入れられているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

<対処法> 謝罪が最優先。その後、クレームの内容を明らかにして解決の道を探る。

どんなに外壁塗装工事が素晴らしくても、近隣とトラブルになり、そこに住みにくくなってしまっては本末転倒です。そこで、近隣住民からクレームを受けた場合には、とにかく早急に謝罪に伺いましょう。そして、どういったことに不満を感じていらっしゃるのか、きちんと事実を確認することが重要です。クレームの内容が明らかになった後は、内容に応じて業者と対応策を探りましょう。

 

外壁塗装工事は、近隣住民の方々にも騒音やニオイなどで不愉快な思いをさせてしまうリスクは十分にありえます。そこで、そもそも近隣住民からのクレームを引き起こさないためには、工事前の挨拶まわりが有効です。遅くともリフォームの1週間前には近隣住民のお宅へ伺い、外壁塗装工事をする旨と工事のスケジュールを伝え、工事中にご迷惑をおかけすることについて、謝罪を伝えるようにしましょう。業者のなかには、代わりに挨拶まわりをしてくれるということもありますが、業者任せにせず、自身もいっしょにまわる方が、より誠意が伝わることは間違いありません。そして、工事がはじまってからも定期的に迷惑をおかけしていないか確認するなどして、近隣住民への配慮を忘れないことも重要です。

3.「クレームを入れたい」と思ったときに、押さえておきたいこと

3-1.クレームを入れるなら、早ければ早い方がいい

何か気がかりなことや、不信に思うことがあれば、時間を置かずにすぐ業者へ伝えるようにしましょう。工事中は、工事が進むほど、「今さらどうしようもない」ということが増えていくため、早ければ早いほど、対処の方法について選択肢が増えるはずです。また工事後であっても、問題が発生してから時間が経つほどに解決が難しくなる傾向にあるため、クレームを入れるのは早いに越したことはありません。

早ければ早いほどいいというのは、クレームを入れるタイミングだけでなく、クレームを入れた後の対処についても言えます。クレームを入れても曖昧な返答のままずるずると回答を先延ばしにしたり、明言を避け話し合いの場をもとうとしない業者には、そもそもクレームを解消する意志のない恐れがあります。業者が何ら解決に向けて動いてくれない場合には、第三者機関に相談するなど、早めの対策を打つことをオススメいたします(第三者機関について詳しくは、「3-3.トラブルが発生したときに頼れる第三者機関」をご覧ください)。

3-2.見積書や契約書などの書類が解決の手がかりに

見積書

クレームをいれる前に、絶対に確認しておきたいのが見積書や契約書、契約約款、工事工程表、打ち合わせ記録などの、業者と交わした書類の類。これから入れようと思っているクレームの内容が、それらの書類に記載されていることであれば、クレームを入れる際に「書類に記載されている」ということも併せて伝えることで、スムーズな解決が期待できます。まさに、論より証拠というわけです。

3-3.トラブルが発生したときに頼れる第三者機関

クレームを入れたものの、業者と交渉を重ねても、どうしても解決できないこともあります。そんなときは、第三者機関を頼るのがオススメです。なかでも公共財団法人 住宅リフォーム紛争処理センターは住宅専門の相談窓口のため、より専門的なアドバイスが受けられます。

[頼れる第三者機関]

公益財団法人 住宅リフォーム紛争処理センター
┗国土交通大臣から指定を受けた住宅専門の相談窓口

消費生活センター
┗消費生活全般に関する苦情や問合せの窓口)

●弁護士会(各地域ごと)

まとめ

お世話になっている業者に改めてクレームを入れるというのは、精神的になかなかハードルの高いことかもしれません。しかし、何も伝えなければ事態は変わず、ただただ泣き寝入りすることにもなりかねません。

言い方さえ間違わなければ、クレームがマイナスに働くことはなく、むしろ、より理想の外壁塗装を叶えることにつながるはずです。

ぜひご紹介した、よくあるクレーム内容や効果的なクレームの入れ方等を参考に、気になったことは、きちんと業者に伝えてみてはいかがでしょうか

半田市近郊で外壁塗装をお考えの方お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織