ブログタイトル

色褪せのしにくい塗料、色は?

皆さんこんにちは
愛知県半田市を中心に屋根・外壁のリフォームのご提案をさせて頂いております。
プロタイムズ半田店 (株) 榊原 サポートスタッフの大西です 😀

台風画像

明日は台風が吹き荒れるみたいですが、皆様もう準備はしましたか?
うちは、去年の台風で12時間も停電して、子供が暗闇を怖がってしまって困った経験から去年、電池式ランタンとソーラー式のランタンを購入しました。しかし使う事がが無いまま今まで来ましたが、昨日のうちにちゃんと使えるか確認し、用意しました。また、庭木の枝を出来る限り剪定して風の抵抗を減らしておきました。
そして、こちら


塗装の要。養生テープを会社で購入させて頂きました。これを窓ガラスに貼って、飛散防止対策を行いたいと思います。
また、2,3日分の火を使わなくても食べられる食料や、水を用意したり、ふろ水は捨てずにとって置いたり(断水時にトイレ流せます)ポータブル充電器を充電して置くなど、今のうちに出来る事は沢山あります。自然災害はどうにもならない事もありますが、被害を最小に抑える事が肝心ですね。

現在施工中のお家も足場で大切なお家を傷つけないように、外壁に接している所にゴムをかませたり、風の抵抗を減らすため飛散防止のシートを外したりと、しっかり台風に備えております。

皆様も準備は本日中に終わらせて、十分お気を付け下さいね。

 

さて、本日は、色褪せのしにくい塗料や色についてお話ししたいと思います。

色褪せしにくいかどうかの判断には、塗料の機能が大きく関係しています。

白色は色褪せしにくい色です。しかし、顔料に含まれる酸化チタンは光にあたると塗膜を破壊してしまうラジカルという劣化因子を発生させてしまいます。ラジカル発生によって塗膜が劣化してしまった場合、色褪せてみえてしまいます。
ラジカル発生の要因である酸化チタンは、量の違いはあっても、どの色付き塗料にも含まれております。
近年は、ラジカルの発生を制御する機能を持った顔料の酸化チタンなども開発されておりますので、そういった塗料の機能にも目を向けておいた方がよいでしょう。

塗料には様々な機能がありますが、そもそもの塗膜の劣化が進行してくると、色褪せが起こってきてしまいます。そのため、色褪せしにくい塗料を選ぶ際は、耐候性の高い塗料を選ぶことをお勧めします。

色褪せしにくい塗料

パーフェクトトップ日本ペイント株式会社)
パーフェクトトップ
紫外線による塗膜劣化対策として、ラジカル制御技術により、優れた耐候性を持っております。さらに、高光沢を実現できるため、仕上がりに優れた塗料です。

 

色褪せのしにくい色を選ぶようにする

色によって、色褪せしやすい色と、色褪せしにくい色があります。塗装する際に、色褪せのしにくい色を知っていれば、その色で塗装をおこなって、色褪せを遅らせることが可能になります。

◆色褪せのしにくい色とは◇

【白】
白色顔料として使用される酸化チタンは高い隠蔽力を持っている特徴があります。また、無機顔料のため、化学変化も起こりにくいとされています。色褪せはしにくいのですが、汚れが目立ちやすいというデメリットもあります。近年は、ラジカルの発生を制御する機能を持った酸化チタンもあります。

【黒】
黒色塗料の顔料における原料はカーボンブラックで、着色力が高いという特徴を持っています。無機顔料のため、色褪せが起こりにくいです。しかしこちらも汚れが目立つデメリットがあります。近年では、遮熱性の高いチタン複合特殊無機黒色顔料もあります。

また、どの塗料にしてもいずれは色褪せしてしまう可能性があります。
それならば、最初から色褪せしても目立ちにくい色を選ぶのも1つの手です。
赤色のような原色系は、もともとの色が濃いことから、色が褪せてしまった際に、色褪せ具合が目立ってしまいます。より薄い色の方が、色褪せしても目立ちにくいのですが、白色は汚れが目立ちやすい特徴があるので、あまりオススメではありません。
色褪せしても目立ちにくい色を選ばれるのであれば、色褪せも目立ちにくく、かつ汚れも目立ちにくい、クリーム系やベージュ系をオススメいたします。

いかがでしたか?本日は色褪せが起こりにくい塗料、色についてお伝えしました。次回は、色選びの時にこだわる3つのポイントについてお話ししたいと思います。お楽しみに♪

半田市近郊で塗装をお考えの方
お問い合わせはこちらから
↓↓↓

お問い合わせ

外壁の色褪せが起こる原因

皆さんこんにちは
愛知県半田市を中心に屋根・外壁のリフォームのご提案をさせて頂いております。
プロタイムズ半田店 (株) 榊原 サポートスタッフの大西です 😀

喘息持ちの私は最近咳が酷く、夜寝る前は特によく咳き込んでしまいます。
いつも寝る前に子供に絵本を読んであげるのですが、先日私が咳き込んで苦しそうにしていると、お姉ちゃんが
「今日は私が読んであげるよ」と、妹をお膝にのせて読んであげてました。なんて優しいお姉ちゃん
でも妹は本が近すぎて、かなりより目になってしまっていて、思わず吹き出してしまいました 😆 🙂

いい思い出はいつまでも色褪せませんが、外壁はどんどん色あせていってしまいますよね。(うまいこと言った!笑)

そこで、本日は外壁が色褪せてしまう原因についてお話ししたいと思います。

家を建てたばかりの時はきれいだった外観も、5年、10年と時が経つに連れ、色褪せが気になってきているのではないでしょうか?
色が退色してしまうと、古びた印象を与えてしまいます。家が色褪せてきて、塗り替えたいと思っている方も多いでしょう。
そうなると、次の塗装では、できるだけ色褪せが出ないようにしたいですよね。
そこで今回は、色褪せの起こる原因や、色褪せしにくい色や塗料、また色選びのポイントをご紹介させていただきます。

☆外壁塗装の色褪せは放っておくと劣化に繋がります
「古く見える」「年季が入っているように見える」といった建物や家を見たことがあると思います。このように見えてしまう原因としては、そもそも色が褪せてしまっていることがあります。色褪せは、見た目が良くないだけでなく、「建物が劣化しているサイン」でもあります。
今回は、色褪せの原因。次回は対策をご紹介いたします。

色褪せを放ってくと劣化症状に!

以前よりも色が薄くなって、色が退色してしまっている状態のことを「色褪せ」といいます。
色褪せは、外観が古びて見えてしまうだけなく、塗料の膜である塗膜自体の防水性が低下してしまっているサインです。塗膜には、建物の劣化要因になる水の浸入を防ぐ役割がありますが、塗膜の防水性が低下している状態では、建物内部に水の浸入を許してしまう可能性があります。

色褪せは、汚れと違って清掃では取り除くことができず、塗装することによって元の状態のようにする必要があります。
建物によって変わりますが、一般的に10年前後が塗装時期の目安と言われております。

色褪せが起こる原因

代表的な原因は、太陽光の紫外線による色褪せです。また、紫外線の他にも、酸性雨などの自然的な原因も考えられます。
色褪せの主な原因は「顔料の色素結合の切断」と「化学変化による物質の変化」だと言われております。

①顔料中の結合の一部が切断してしまう
世の中の物質は原子同士の結びつきで構成されています。

塗料の色の元となっている顔料も、原子同士の結合から構成されております。原子同士の結びつきには強弱があり、その結びつきの強さを結合エネルギーで示すのですが、この結合エネルギーを上回るエネルギーを受けてしまうと、原子同士の結びつきが破壊されてしまいます。

紫外線によるエネルギーは、顔料に含まれている化合物の結合エネルギーより強く、結合が切断されてしまうため、色味が変わってしまい、色褪せが起こってくるのです。

②化学変化で他の物質に変化してしまう
もう一つの主な原因は、化学変化で物質が変化してしまうことです。イメージのしやすい化学変化として酸化があります。酸化とは、物質が酸素と反応する化学変化のことで、代表的なものとして鉄がサビて酸化鉄に変化してしまうことなどがあげられます。

定期的な塗り替えで色褪せ解消

紫外線などの自然現象の影響により色褪せがおこるため、色褪せを避けることはできません。しかし、色褪せのしにくい色を選ぶ、また色褪せのしにくい塗料を選ぶことによって、色褪せの進行を遅らせることは可能です。

次回は塗装で色褪せを解消する、色褪せのしにくい塗料、色褪せのしにくい色などをご紹介したいと思います。お楽しみに♪

半田市近郊で塗装をお考えの方
お問い合わせはこちらから
↓↓↓

お問い合わせ

屋根塗装を行うべき劣化のサイン

皆さんこんにちは
愛知県半田市を中心に屋根・外壁のリフォームのご提案をさせて頂いております。
プロタイムズ半田店 (株) 榊原 サポートスタッフの大西です 😀

朝晩涼しくなって、秋の気配を感じられるようになってきましたね。明日は子供の運動会。しっかり応援してきたいと思います♪

さて、本日は前日のブログに引き続き屋根塗装を行うべき劣化のサインについてお伝えしたいと思います。

外壁は目が届く範囲の劣化はご自分で確認することが可能ですが、屋根は高い位置のため中々目視で確認することが難しい場所ですよね。では、屋根材の劣化を見抜くには、どのような劣化のサインを見つければいいのかお伝えいたします。

まず、ご自身で可能なチェック方法をご紹介します。

①下屋根の状態を観察しよう!

下屋根とは、2階の窓から確認することができる、1階部分の屋根のことを指します。下屋根で劣化が確認できる場合は、2階部分の屋根でも、同様の劣化が起きている可能性が非常に高いといえます。

②家の外から、双眼鏡を使って屋根を観察しよう!

自宅の前の道路や、自宅の屋根を観察することができる場所から、双眼鏡で屋根の観察をしてみましょう。小さな劣化状況を確認することは難しいとは思いますが、少しでも疑問に思うようなものを見つけた場合は、それ以上の劣化が起きている可能性があります。

 

しかし、屋根は実際に見て確認することが難しい場所です。
上記の劣化状況を発見したり、少しでも気になる点がある場合には、危険ですので無理に屋根に登ってご自身で確認するのではなく、業者に屋根の劣化状況を診断してもらうようにしましょう。

具体的な劣化症状としては下記のような症状があります。

◆瓦の滑落
瓦のひび割れを放置すると、最終的に瓦は滑落してしまいます。また、台風などの暴風雨により瓦がズレたり、飛んで落ちてしまうということがあります。
瓦が滑落すると、滑落した瓦の大きさによっては瓦の下の防水材、防水材を止めている釘が丸見えになってしまいます。この状態で放置が続くと、雨が降るたびに雨水が釘穴をつたい、野地板に雨水が浸入し雨漏りの原因となります。また、野地板が腐ってしまうと、屋根の葺き替えとなり大掛かりな工事が必要になってしまうため、早急な対処が必要となります。

 

image014

◆棟板金の浮き、釘抜け
スレート屋根や金属屋根の場合、屋根のてっぺんに棟板金というものがあります。釘抜けとは、棟板金が気温の影響により膨張・収縮を繰り返すことにより棟板金を止めている釘を一緒に押し出してしまい、最終的に抜けてしまうことを言指します。こちらを放置しておくと、棟押さえのはずれや錆びの原因となり、そして、いつの間にか下地材がむき出しになっていたというケースもありますので、こちらも早急にメンテナンスをおこなうことが望ましいです。

 

◆漆喰の劣化・剥がれ

日本瓦やセメント瓦では、瓦の固定・接着に漆喰を使用しています。この漆喰も風雨や紫外線に晒され続けているため、他の屋根材と同じように経年劣化が生じてきます。地上から目視した際に、ひびや剥がれを見つけた場合は非常に危険です。瓦を固定している力が弱まっているため、ちょっとした風や地震で瓦がズレたり、最悪の場合は落下してしまう可能性もあります。また衝撃によって欠け・割れが生じ、そこから雨水が浸入して雨漏りに繋がることもあるので、漆喰の劣化を発見した場合も早急なメンテナンスが必要と言えます。

 

◆苔や藻・カビの発生

屋根材の塗膜が劣化し防水性が低下すると、雨水や湿気により苔が発生します。 早急に屋根塗装をする必要はありませんが、そのまま放置すると、屋根そのものの耐久性も悪化させてしまう事になり、結果として雨漏りの原因になりますので、メンテナンスが必要です。

 

◆瓦の反り・ひび割れ
スレート瓦の防水性が劣化し始めると、苔の発生では収まらず「反り」や「割れ」が発生してくるようになります。例えば、瓦が水を含んだまま凍結したり、夕立後の晴れ間に強い日差しで急激に乾燥したり、など防水性が切れたことにより湿気と乾燥を繰り返して、瓦の反りにつながってしまいます。

そのまま放置をしてしまいますと、まつ毛のように反り上がり、台風などの横殴りの雨が降った時に、反り上がった小口から内部に雨水が浸入し雨漏りの原因となるので、早期にメンテナンスをおこなうことをオススメします。


◆屋根材の色あせ
屋根の色あせは、塗膜の劣化が始まった証拠です。直ちに屋根塗装をおこなう必要はありませんが、放置しておくと知らない間に劣化があっという間に進行していた!なんてこともありますので、気になったら専門家に相談するようにしましょう。

以上屋根塗装を行うべき劣化のサインについてお伝えしました。

この様な症状が気になる方はお気軽にご相談下さい。

外装劣化診断士の資格を持つスタッフがお伺いし、誠意をもって診断させて頂きます!!

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織